AAA(トリプル・エー)ファンサイト「Red AAA」

Category【 スポンサー広告 】

--

--/--

--

--:--:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category【 メディア出演情報 】

2008

08/31

Sun

23:20:58

【テレビドラマ】NHK「瞳」第23週(9月1日~9月7日) 

関連ページを検索: AAA  テレビ  ドラマ  NHK  宇野実彩子 
NHK「瞳」第23週(9月1日~9月7日)のあらすじです!!

今週も恵子(宇野実彩子)と勇蔵(安田顕)の発展が気になるところですが!
(あまり、好印象じゃない彼ですが・・・。(って失礼?笑))
さあ、今週の「瞳」は、どうなるのでしょうか?


■今週のあらすじ

 瞳(榮倉奈々)は、勝太郎(西田敏行)のアルバムの中から父親の長瀬(勝村政信)の写真を見つけ、神社で見掛けた人物はやはり父親であることを確認する。
だが一方で、百子(飯島直子)と離婚して以来、行方が分からなかった父の出現に戸惑う。そんな中、老人会からダンスを続けて教えてほしいという依頼が来た。
ローズ(篠井英介)は、きちんとレッスン料をもらって正式な仕事にした方がいいと瞳に勧める。同じころ、勇蔵(安田顕)と恵子(宇野実彩子)の結婚が決まる。
 十三年ぶりに父・長瀬(勝村政信)と再会した瞳(栄倉奈々)は、どうして百子(飯島直子)と自分を置いて姿を消したのか問いただす。
長瀬が明かす真相に困惑した瞳は、話の途中で立ち去ってしまう。
父との再会を百子に告げると、「忘れなさい。お父さん(西田敏行)にも言っちゃ駄目よ」とくぎを刺される。
だが、久しぶりに会った長瀬の表情が、瞳の脳裏に焼き付いて離れないでいた。
 父・長瀬渡(勝村政信)との13年ぶりの再会を果たした瞳(栄倉奈々)の心は大きく揺れる。
瞳はこの一件をダンスの悩みと同じく、KEN(眞木大輔)に相談する。
KENと話すことで自分がどうしたいのか分かった瞳は、勝太郎(西田敏行)に父と会ったことを打ち明け「もう一度会いたい」と告げる。
しかし、勝太郎と百子(飯島直子)は猛反対!
迷う瞳にアドバイスをくれたのは、明(吉武怜朗)と友梨亜(森迫永依)だった。
 瞳(栄倉奈々)の決心を聞いた勝太郎(西田敏行)は、しぶしぶ長瀬(勝村政信)と瞳が会うことを了承する。
父の会社を訪ねた瞳は、小さいデザイン会社を経営する長瀬の堅実な仕事ぶりを目にする。
しかし、再び緊張してぎこちない会話をしただけで帰宅する。
そんな瞳を心配する勝太郎と百子(飯島直子)だが…。
一方、瞳のダンススタジオは、新しい生徒が増えずに困っていた。
そんなとき、突然ある人物がスタジオに現れる。
 父・長瀬渡(勝村政信)の「ダンスを教えてほしい」という言葉に戸惑う瞳(栄倉奈々)だったが、渡は瞳の新しい生徒第1号となり、レッスンを開始する。
何度会っても会話が弾まなかった2人だが、レッスンを重ねるごとに徐々に心が近づいていくことを実感する。
しかし、瞳は百子(飯島直子)や勝太郎(西田敏行)にこのレッスンのことを告げられないでいた。
ある日、渡から「もうレッスンには来ない」と告げられた瞳は…。
 「長瀬(勝村政信)とはもう会わない」と勝太郎(西田敏行)と百子(飯島直子)に伝えた瞳(栄倉奈々)。
喜ぶ勝太郎とは別に、百子は瞳を心配する。
そんなとき、久しぶりに一本木家に児童相談センターの若山(近藤正臣)から連絡が入る。
“ある事情”のある家庭の4歳の女の子を1週間ほど預かってほしいというのだ。
勝太郎は皆に相談し、その子を預かることにする。そして、さら(松本春姫)が一本木家にやってくる。


■詳しくはこちら

○番組公式サイト
http://www3.nhk.or.jp/asadora/(PC・モバイル)

○Yahoo!テレビ - ドラマ特集 - 瞳
http://tv.yahoo.co.jp/tv_show/nhk/hitomi/(PC)

○連続テレビ小説「瞳」:特集:テレビ番組表:@nifty
http://tv.nifty.com/special/drama/hitomi/(PC)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・は、は、は、は、はい?
誰が、その結婚を認めるというのかっっっ!!!

絶対に、自分は認めない。
言語道断だっ!


 
この記事に対するコメント
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。